数字を出すこと

数字を出すことが、私たちの仕事。誰よりも先に、お客様の接客をして顧客を獲得することが仕事。店員同士では、椅子取りゲームのように、入店人数の少ないお客様の取り合いが繰り広げられました。

そんな業界で、のんびり形の私は完全なる場違いな人間でした。
毎日、ダメな自分を見つけるための仕事になっていました。
弱い自分。効果的にアピールできない自分。トークも下手な自分。
作業も遅い。全部。ダメでした。

家に帰り泣いて、お風呂で泣いて、最低限の家事をして、子供たちの寝顔を見て、ごめんね。と呟き、疲れ切っていました。

お知らせ

  1. 2019/1/31

    デザイン更新
過去の記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 2019/1/31

    プロフィール
    生い立ち 中学では、バドミントン部。時々、中距離走に駆り出される臨時陸上部。 高校では、SK…

アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る