学習机は必要ですか?

そろそろ、小学校の入学準備になるころですね。

我が家の机の話を参考にしてみてください。

 

子供達が育って、今は使われていない子供部屋に置き場所に困っているのは、子供机。

 

娘は中学くらいからは、机を拠点にして過ごしていました。機能的な引き出しには、かわいいメモ帳や、筆記具が整理されて、楽しそうに自分のお城を作っていたようすがありました。

 

片や、息子の机。これはオブジェ化しておりました。家族の誰一人、息子があの机で勉強をする姿をみたことがありませんでした。宿題は、リビングで。大好きなゲームは、ソファの特等席で。学校から帰ると、私のお気に入りの本を読むためのチェアに制服を掛け、かばんを置くという・・・これを、大学に行くまで、我が家でつづけた人なのです。息子の部屋は、散らかりようがありません。寝るときにしか使われないのですから。

 

リビングでは、娘も、小さいころはキッチンのテーブルで宿題をしていました。子供達は、家族が常にいる空気を感じながら、勉強するのが習慣になっていました。それぞれにお気に入りの場所があり、お気に入りのコップになみなみとお茶を注ぎ、各々好きな時間を過ごしてきました。

 

一人暮らしには、机が大きすぎて持っていくことはありませんでした。もっとライトでコンパクトな机を現地調達しました。

 

子供の成長や、特徴に応じて、机を考えるといいと思うのです。

 

今となっては、リビング学習という言葉がわりと主流になりましたが、当時は、子供が、自主的に自分の部屋で静かに学習することが良しとされていました。だから、世間的な風潮から、子供が小学校入学前には、部屋を与え、机を揃えました。我が家も同じくそのように机を揃えて準備しました。

 

我が家では、そんな経緯がありました。

 

今は、誰かにもらってほしい机となっています。

 

時々、学習机はこの時期を逃すと、品薄になりますという売り込みをされるところもありますが、そんなことはないですから。品物は年中そろっていますので、焦って購入されることがありませんように。

 

机は、子供の個性や成長に合わせてタイミングをみて購入されることをお勧めします。

息子の机はオブジェ化したのですが、リビングでの子供たちの学習スタイルには、それなりに確立されていきました。今から思うと、メッリットがたくさんありました。

 

その時のメッリトや留意点などは、また後日まとめて行きたいと思います。

 

私の経験が、誰かのお役に立てると幸いです。

関連記事

お知らせ

  1. 2019/1/31

    デザイン更新
過去の記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 2019/1/31

    プロフィール
    生い立ち 中学では、バドミントン部。時々、中距離走に駆り出される臨時陸上部。 高校では、SK…

アーカイブ

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る