読書で人生に答えを求めていた

ポンと、世間に出てみると、いったい何が正解で何が間違えで、何を信じて何を疑うのか?さぱっりわからなくなっていました。学校で教わったこと、親から肌で教わってきた常識や人生観も、果たして、正しいのかどうか・・・10年前に教えらえてきたことは、ずいぶん曲解していることだったり・・・子供に何をどうやって教えていけばいいんだろうと、途方に暮れました。

それから、育児書、料理本、心理学、哲学、自己啓発、ビジネス書。宗教学、精神世界。など、人生のマニュアルを求めて、本をたくさん読んできました。

大学卒業までは、小説とエッセイ集をずっと読んできました。学校のレールがなくなった途端にどう生きるのが正解なのかわからなくて、指針となる読書をするようになっていました。

言葉に感動し、言葉に泣き、言葉で喜び、言葉で救われたと思います。

人生に行き詰った時も、ガンガン攻める時も、本から飛び出す言葉にハッとさせられてきました。本の中にはたくさんの知恵や勇気が埋まっています。

自分の位置がわからない時は、羅針盤のように向かう先を示してくれます。

 

読書から学んだことを、今一度整理したいと考えています。

関連記事

お知らせ

  1. 2019/1/31

    デザイン更新
過去の記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 2019/1/31

    プロフィール
    生い立ち 中学では、バドミントン部。時々、中距離走に駆り出される臨時陸上部。 高校では、SK…

アーカイブ

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る