入園当初の登園拒否には対応の仕方にちょっとしたコツがあります (未満児さんや年少さん編)

初めての幼稚園、初めての保育園。入園当初、4月になると、園庭では、お母さんとのお別れが悲しくて悲しくて大泣きする子供たちが続出しますね。子供たちにとっては、一大事です。でも本当は、ママだって泣きたい!お母さんだって悲しいですよね。私も、最初は小さな手でしがみつく子供を見てもう( ;∀;)泣きたかったです。そして、思うんです。あんなに嫌がるなら、来年まで待てばよかったのかもしれない。知らないお友達、知らない先生とどうやって過ごしているだろうか?と・・・延々と、朝見た子供の泣き顔、この世の終わりのような泣き声が、まとわりついて、わけのわからない罪悪感でいっぱいになりました。

でも、入園当初の登園拒否はほとんどが心配のないものだと思います。
お母さんがきっぱり気持ちを切り替えると毎朝の泣くのは数日程度でおさまります。我が家では有効でしたので試してみて下さいね。

 

登園で子供が泣かないために出来る簡単なこと

泣くのは、朝の登園時間です。朝にどんなになだめたり、お話をしても忙しさに追われてしまい、なかなか伝わりません。作戦は園から帰ってきてからです

こんな会話を心がけてみて下さい。

・幼稚園でどんな遊びをしたの?
・いいなぁ。幼稚園は楽しいねぇ
・いいなぁ。お母さんも○○ちゃんと遊びたいなぁ。
・いいなぁ。幼稚園には絵本がたくさんあるのね~。
・いいなぁ。幼稚園の先生、やさしいのね~
・いいなぁ。明日はお天気がいいから、園庭でいっぱい走れるね~

お父さんにも、ご家族にも、みんなに協力してもらいましょう。
「いいな!幼稚園はたのしいね。」って、盛り上げてあげましょう。楽しくてワクワクするところへ行けるようになったんだ!という自覚を身に付けてあげるといいですよね。

お母さんが幼稚園と先生を大好きになること

子供の心は、お母さんの心と繋がっています。お母さんの心の奥深いところの不安や罪悪感は、子供にも伝わっているのです。お母さんの心配や不安をなくしてしまいましょう。そもそも、幼稚園や保育園は子供にとって貴重な体験が出来る素晴らしいところなんです。これから、広がっていく子供の世界をワクワクして伝えてあげましょう。
お母さんが気持ちを切り替えると、子供への声掛けが変わってきます。そうすると、子供の気持ちが変わります。お母さんにも子供にも不安や恐れがなくなり、好奇心でいっぱいになっていくのです。新しいお友達と遊ぶ楽しさ、みんなで歌って踊れる楽しさ・・・を想像して明日は何をして遊ぼうか?明日は、先生にかわいいハンカチを見せてあげよう。とか、明日、幼稚園の花壇のお花は咲いているかなぁ。とか、そんな会話をしてみて下さい。明日が楽しみになるようになれば、あっさりと、園庭でバイバイって手を振ってくれるようになりますよ。

それから、この時期のいやいやは、幼稚園と先生を信じてお任せしましょう。幼稚園、保育園は、子供を保育する先生のプロ集団です。お母さんは、肩の力を抜いて子供を預けて時間は完全に先生にお任せしてしまいましょう。細かなことは、絡帳などを活用して先生とは蜜な連携が取れるといいですね。

5月のゴールデンウイーク明けも、要注意

5月のゴールデンウイーク明けも、要注意の時期なのですが、ゴールデンウイーク中に完全に幼稚園や保育園生活を切り離してしまうことに原因があるようなのです。やはり、楽しかったことを先生に教えてあげてね。とか、○○ちゃんに会えなくてさみしいねぇ。とか、お休み中の会話にも時々幼稚園ネタを織り交ぜて繋げていくといいと思います。

まとめ
・子供が幼稚園・保育園に行っている時間は、先生を信じて任せてしまいましょう。
・お母さんが、幼稚園・保育園の大ファンになる。
・通園できることが喜びになるように、親子でよかっった探しをする。

明日をワクワクして眠ってくれる子供たちが増えますように。
お母さんが少しでも元気な気持ちで育児に向き合えますように。
祈りを込めて書きました。読んで下さってありがとうございます。

関連記事

お知らせ

  1. 2019/1/31

    デザイン更新
過去の記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 2019/1/31

    プロフィール
    生い立ち 中学では、バドミントン部。時々、中距離走に駆り出される臨時陸上部。 高校では、SK…

アーカイブ

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る