高額商品を売るという覚悟と心構え

高額商品の売買は、販売業の中でも特殊になります。今一度、高額のモノを売るということについて深堀してみませんか?大きな金額が動くのです。お客様にとって大切なお金をお預かりして、商品(サービス)を提供するお仕事です。高額商品を売るという販売員としての自覚とプロ意識を持てるようになります。3分で読めます。

高額商品とは?

生活必需品とは言えない高額なモノを言います。生活にはなくても困らないモノです。
高級車、高級マンション、豪邸、保険、高額の服、毛皮、時計、宝石も、家具や調度品、絵画。毎日買うものではありません。でも、潤いのある暮らしにはあるといいものです。言ってみれば、なくても生きれるけれど、人生にあると満たされるモノです。保険であれば、人生の不安を解決してくれるツールになります。万が一のことを保障してもらい不安や恐怖を軽減し人生に挑戦して生きていくことが出来ますね。安心を買うのです。

商品やサービスが高額になるほどに、お客様には買うための大義が必要
大義とはどんなことでしょう?

・買って良かったと納得できる理由
・いい買い物が出来たという満足感
・高額で得る幸せや夢、安心などをしっかりと認識できる
大義とは、お客様が納得されて満足される買い物をしていただくための理由です。高額だからこそ人は特別な思いでお買い物をされます。高額商品の所有はお客様にとって幸せの象徴にならなければなりません。それらのことをお客様に納得していただくことを言います。

高額商品の販売員の心構え

高額商品はなくても生きれるけれど、人生にあると満たされるモノです。なくても生きれるモノには、あるといいという価値や意味が必要です。
時々、販売員は、お客様に不必要なものを売っているのではないか?と良心が痛む時があります。そんなときのために、お客様に何を売っているのか?自分はどういう価値のある仕事をしているのか?の答えを知っていなければなりません。
販売員側にも、お客様に売ることへの大義が必要だということです。
私は、お客様に夢や希望を売るお仕事をしているのだという大義を見つけました。お客様には夢を売るという大義を見つけてからは、高額を売ることへの引け目はなくなりました。
売るモノが何かで大義は変わると思うのですが、例えば、保険であれば家族を守りたいというご主人の安心を売ることが出来ますよね。
モノやサービスを売ると同時に、目に見えないモノを付随して売る力があるといいのです。夢を売るのです。買うとどんなにいいことがあるのか?どんな楽しいことがあるのか、保険であればどんな安心を得ることが出来るのか?その夢や希望、安心を売るのです。高額商品を売るお仕事は、本来ならば幸せな仕事です。人が欲しい幸せをモノや形にして売ることが出来るお仕事なのです。この自覚とプロ意識を常に忘れずにお仕事をしていただきたいと思います。

高額商品を売るという覚悟


現実的に販売で生計を立てるのは、厳しさも伴います

販売、営業にはノルマからは逃げることはできません。大抵は、ノルマという名を変え目標達成という言葉になっていたりしますね。基本給を押さえて、後は歩合報酬のようなお給料体制だったり、企業によりけりだと思いますが、販売(営業)は数字との闘いになります。高額商品は来店=購入とは限りません。お客様に買っていただけないということは、お給料にも大きく繋がります。買っていただく難しさを味わうことも大いにあると思います。
買っていただけないということは、1円の売り上げすら立ちません。その代わり、売れる時は大きく数字が動きます。けれど、売れない時はゼロです。イチかゼロです。伸るか反るかしかないのです。リスクも大きいですが、数字が動けば、一日にしてノルマをあげてしまうことも可能な世界です。
ある意味、いつも勝負の世界に身を置いている精神が必要になります。
販売の世界で、生き残る時はそれなりの覚悟が必要です。
ここで勘違いが起こるのですが、競争、ライバル、闘い、成績と聞くと、人を押しのけて売るイメージになりますが、これは続きません。気が強い人が向いているように思われがちですが、そうではありません。気が強いことより、芯のある人が残っていきます。芯があるというのは、自分軸があり、自分なりの人生観と人生哲学をもっている人を言います。生き残っていける人は、コツコツとお客様のために準備が出来る人です。決して周りと同じように、闘ってはいけません
トライ&エラーをくり返して、販売(営業)から学ぶことは人生の宝物となるはずです。
プロとしての覚悟をもって店頭に立って下さいね。

高額商品を売る仕事が出来る幸せに感謝

私も、販売のお仕事を初めてから、自分の人生観やお金のことなど、自分を深く見つめ直すことが必要でした。お客様が支払っていただいた対価にに見合う、それ以上のモノを売ることが出来る販売員でありたいというマインドに作り変えました。常に自分のレベルを上げる努力を惜しまないことです。
人が欲しがる幸せをモノやサービスにして売ることが出来るお仕事です。笑顔のお客様をお見送り出来ることほど販売員のとして何よりのご褒美でした。しんどいことも多いお仕事なのですが、やりがいがあるのは保証します。この販売スキルはいかなる時にも人生に応用が利きます。交渉術も身についてきます。

 

まとめ


高額商品を売ることに、意味と価値を見出すこと
で、仕事が辛いときや、成績が伸び悩んだ時に原点に戻れば、もう一度頑張ることが出来ます。自分のお仕事を深堀して整理してみましょう。
競争の世界に身を置く時に、自分をもっていない人は、お客様にも職場でも巻き込まれてしまいます。お仕事に対しての心構えと覚悟があれば、人に振り回されずに自分らしくいいお仕事ができるはずです。
高額商品の販売には魅力がたくさんあります。厳しさを感じることもあるかもしれませんが、そんな時こそお客様に寄り添うことを極めてみて下さい。必ず今見えている景色が変わってきます。

関連記事

お知らせ

  1. 2019/1/31

    デザイン更新
過去の記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 2019/1/31

    プロフィール
    生い立ち 中学では、バドミントン部。時々、中距離走に駆り出される臨時陸上部。 高校では、SK…

アーカイブ

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る