いま、ここの暮らし

時間の使い方のおはなしです。

「時間が足りない、忙しくてやりたいことが全然できない。」そういう悩みは尽きないですよね。そして、周囲を見渡すと、理想的な憧れの暮らしをしている人たちに目が行くのです。
その次は、充分に頑張っているのにまだ頑張ろうとするのです。効率のいい時間の使い方。合理的なものの考えかた。無駄を極力省き、ピンポイントで仕事をするという。5分の隙間時間をも無駄にしない生活術的な本にすがる思いで実行するのです。

それは、私がすべて経験したことです。いろいろ試してみました、それがね~何一つ私には合わなかったのです。私の能力の問題だと、自分をずいぶん責めました。

内容が悪いとか正しいとかという問題ではありません。実は、時間の捉え方が問題だったのです。深い話なのです。スピリチュアルや、哲学、物理学のようなお話しにまで及ぶと長いお話になってしまうので今後も取り上げていきます。

今日は、理屈抜きで実験をしてみてほしいのです。
一日、5分でいいのです。
簡単です。一つのことを一つだけ行動をするのです。
簡単なようですが、慣れないと、一つのことをするのに、いくつものタスクが脳で同時に処理しています。

例えば、お皿洗いです。お皿を洗うとき、お皿を洗うことだけに集中するのです。

お皿を洗う5分なんて何の意味があるんだ!ばかばかしい!と聞こえてきます。ばかばかしいという人が9割です。効率的に生きることが素晴らしい人生だという人生観の元にいきているのですから、絶対に出来ません。絶対に認めません。この文章も最後まで読めません。人は信じることしか見ることができないように出来ているのです。そういう人はここで、離脱してください。これから、徐々にこういう人たちとは、関りがなくなっていく日が来ます。

皿洗いに話を戻します。
どうですか?お皿を洗っている時に、次のことを考えてませんか?明日のお弁当の準備の準備をお皿を洗いながら考えてませんか?それと並行してお風呂に入る時間を気にかけたり、たくさんのタスクが脳のなかでひしめきあってないでしょうか?体は、お皿を洗っているのに。脳にどんなにタスクを置いても、今やっていることはお皿洗いなのです。一つのことを一つだけするというのは、できているようで、出来ていないことに気付きます。

朝のコーヒーを飲んでいるときに、なぜか、もう脳の中では仕事をはじめてませんか?
人の話を聴いているようで、実は、昨日見たテレビのことを思い出していませんか?
これは、自分の時間軸をゆがめて複雑にしてしまっているのです。脳で起こっていることは、時間に大きく関係してきます。
時間軸を自分のところに戻すのです。

これは、幼児の子たちが上手です。

おままごとであそんでいる時はその子は自分だけの時間軸の中で夢を見るように遊びます。そこに、重力世界で指す時間は存在してないのです。5分が1時間のように感じているはずです。

から?ってなりますよね。
お皿を洗いながら次のこと明日のことを考えて、効率がいいでしょうと思いますよね。わかります。でも、やってみて下さい。お皿を洗う時に、水のつめたさ、スポンジについた泡の感覚、お皿の重さ、油を包んでいく洗剤の万能さなど、集中してお皿を洗ってみるのです。明日のお弁当の準備はお皿洗いが終わってからするのです。お皿洗いの時に段取りしていなくてもちゃんとできますから。お風呂に入る時間も、気にかけなくてもちゃんとゆっくり入れます。

いま、ここ。っていうやつですね。

最初は5分でいいのです。コーヒーを飲む時間に、コーヒーを味わうのです。香りや、苦み、カップから手に伝わるコーヒーの温かさ。雨の音が聞こえますか?風の音。鳥の声はどうですか?そういう時、時間は、効率や合理化を超越したところに存在します。

自分が自分でいていいのです。
コーヒーをただ味わっていいのです。

聞こえる音を聞いていいのです。時間が恵みをあたえてくれます。いま、ここに自分をおいてみるのです。瞑想の時間を取らなくても、座禅の修行をしなくても、時間軸をもどすことができます。

そういう時間をとっていくうちに、何が起こると思いますか?
驚きますよ。混み合うスーパーの駐車場になぜか自分の車は、すぐそばのスペースに停めることができます。図書館に行くと、読みたかった本が丁度返却されていたり、さっきまで雨が降っていたのに、神社参拝して車に乗るまでは晴れているという恵みをいただきます。電話をかけようとしているとなぜか相手方から電話がかかってくる。という。信じられないでしょうが、そういうことが日常茶飯事に起こります。タイミングが自分のために作り替えられていくのです。

れは、一つに一つのことを意識してやってみた人にしかわかりません。
静かにいま、ここという暮らしをするうちに時間の流れ方も、時間の捉え方も全く替わっていることに気付くでしょう。まずは、一日に5分の実験をしてみて下さい。暮らしが冴えわたっていくことを体験してみてください。

では、また遊びに来てくださいね。
読んでいただきありがとうございます(*^^*)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019/1/31

    プロフィール
    生い立ち 中学では、バドミントン部。時々、中距離走に駆り出される臨時陸上部。 高校では、SK…
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ページ上部へ戻る